IKEAの生ツリー(生のもみの木)、試してみました!(3回目)

クリスマスシーズン、クリスチャンじゃない私ですがわくわくしちゃいます。
そして、ここのところハマっているのがIKEAの生ツリー。
今年でとうとう3年目です!

今回はお友だちに車を出してもらって買いに行きましたが、電車でも買ってこれなくはないです。
興味ある人は是非チャレンジしてみてね!

生ツリーのいいところ

木のいい匂いがすること
水を吸ってるので自然の加湿器になるところ
大きなツリーでも、保存にこまらない
あと、なんか風情が良いと思いますw

生ツリーの大変なところ

買いに行くのが手間。返すのも手間。
葉が落ちるので掃除が必要
水やりも必要

それでもね、なんてったって楽しいです。ホリデーシーズンを楽しみたい方は、一度ぜひ!

ツリーを買いに行くためにあるといいもの

基本的には手ぶらで行っても大丈夫。

もみの木はとげがあるので、軍手があると便利です!
電車で持って帰る人は、大きめのバッグがあるといいかも。
会場に新聞紙とガムテープやビニール紐はあるので、それは持ってこなくて大丈夫です。
もみの木にかけるネットはあるときとないときがあったな。でも新聞紙で十分かと。

飾ってないツリーはこんな感じ。

ツリーの買い方:(1)まずは会計する

まず、IKEAでレジの人に「もみの木を買いたいのですがー」といって買い物を済ませます。
レシートをもらったら、外にあるもみの木エリアで物色!良いもみの木を探しましょう!

2017年は11月30日が発売日。私は今回、発売日に行きました。

発売日近くに行くのがほんとにおすすめです!

いい木をとられちゃうからね!w

2016年は遅くて12月に入ってから、2015年は11月22日くらいだったかな。毎年、もみの木の育ち具合によってちがうそうなので、IKEAのメルマガでチェックしておくのがおすすめです!

ツリーの買い方:(2)もみの木エリアで良いもみの木を選ぶ

飾りたい場所のスペースに合わせて、横広がりなのか、のっぽのほうが良いのかのイメージをしておくと良いですよ。

いろんな木があるので、色々みて探しましょう!

ツリーの買い方:(3)いい木を見つけたら梱包して持って帰る

その場で梱包できるので、梱包して持って帰りましょう^^

この飾りはIKEAで買ったセットのもの。ゴージャスな飾りで飾ると楽しいですよね!

ツリーの買い方:(4)初めての人は台も買ってね!

ツリーだけでは飾れないので、生の木を立てるための台が売っていますので、それをぜひ買ってくださいね。
台は2000円くらいです。一度買っておけば、毎年使えます^^

私は毎年、クリスマスはIKEAでもみの木を買いがてら、色々そろえるのですが、今年は写真のようにジンジャークッキーを飾り付けてみました。1週間も立たない内に、ぜんぶ食べられてしまいましたけどね!w

そのほか、つくったのはこちら。

このジンジャーブレッドハウスも、組み立てるだけなので簡単です。今年はジンジャーブレッドマンも飾りました。

クッキーのスパイスの香りもホリデーシーズンらしくて楽しくなりますよ〜!

そして、IKEAのもみの木は、毎年指定の期間にお返しにいくと、1000円分くらいの商品券と取り替えてくれます。

もみの木が今回は2500円くらいだったから、実質1500円って感じですね。安!

去年は、期間に間に合わなくて、粗大ごみにしてしまったけど、今年はちゃんとお返しに行くつもりです^^

関連記事

  1. ubereats(ウーバーイーツ)を楽しく使おう!感想いろいろ

  2. ニューヨークへの道−2:Air b&b(エア・ビー・アンド・ビー)

  3. 漫画で歴史、にハマってます!

  4. パーソナルシード解説!シード別の待ち合わせ

  5. 山形県天童市の地元に愛される観光スポット

  6. 2018年の手帳、どれにする?その1

  7. 六本木のクリスマスイルミネーション2017みてきました〜!

  8. mindfulness

    マインドフルネスってどんな効果があるの?

  9. ニューヨークへの道-1:ビザ(ESTA)を正しくとろう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。