記事の詳細

2018年の手帳、見れば見るほど色々なものがあって迷いますね。

今日は定番をががっとご紹介します!

2018年の手帳、どれにする?その2

2018年の手帳、どれにする?その1も合わせてどうぞ

  1. 定番!フランクリン・プランナー
  2. こちらも定番!クオバディス
  3. 日本の定番その1:能率手帳
  4. 日本の定番その2:高橋手帳
  5. 使い方いろいろ。EDiT


    1. 定番!フランクリン・プランナー

      まずはこれ。定番、フランクリン・プランナー。
      高いけど、一度は使ってみたいなと思ったことある方も多いのでは。
      7つの習慣で有名なフランクリン・コヴィー氏のもとに発案されていて、人生のミッションから年、月、日とプランニングしていく、とってもビジネスライクな手帳です。

      かっちり管理したい方にはほんとおすすめ!
      優先順位の付け方がわかるようになります。
      手帳だけでなく、ぜひ会社主催のスケジューリングセミナーもうけてみてくださいね。
      使い方が明確になればなるほど、活かせると思います!

      「フランクリン・プランナー」実践セミナー
      プランナー込で2万円程度です。(プランナーだけで1万円なので、使い方が学べるのでお得〜!)
      フランクリン・プランナーのお買い物はこちら

    2. こちらも定番!クオバディス

      海外のもので定番なのはこちら。大きさも小さく、カバーデザインも色々あって、選ぶのも楽しいです。
      土日が小さくなっているデザインもあり、自分のスケジュール感にあわせてデザインを選べます。

クオバディス手帳のお買い物はこちら

  1. 日本の定番その1:能率手帳

    サイズから、デザインから幅広い能率手帳。
    これは、ぜひ店舗でデザインを見ながらチェックしてみてね。
    細かい悩みに手が届くのは日本のメーカーならでは。
    ビジネスから、
    能率手帳のお買い物はこちら

  2. 日本の定番その2:高橋の手帳

    シンプルで使いやすい手帳をお探しの方には、高橋書店の手帳がおすすめ。
    ビジネスライクだけど、おしゃれ。もしくはビジネスライクになりすぎない、素敵な手帳がたくさんあります。
    大きさも手帳版からB5まで幅広く、3年日記なんかもあります。机に置いておく手帳にも。

    高橋の手帳のお買い物はこちら

  3. 使い方いろいろ。EDiT

    EdiTも、ロフトなどの手帳売り場にいくとガーッと色々な種類があります。
    是非手にとって色々見てみてくださいね。

    http://www.edit-marks.jp/diary2018/

まだまだ手帳の旅、続きます〜!!!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。