4.ファスティング中の注意事項

では、今日からファスティングの実践により深く触れていきたいと思います。

ところでみなさまは、生まれてから、1日中食べ物を食べなかったということはありますか?

過激なダイエットをしたことがある方は、空腹感に慣れている方もいるかもしれません。
また、風邪をひいてしまったときや、飲み過ぎの翌日など、なんとなく食べなくてもいいかなと感じて食べなかったという経験はあるかもしれません。

わたしは、何もとらないのではなく、必要な栄養はしっかり取ることをおすすめしています。
ファスティングの時は、自分の身体がとっても敏感になり、色んなものが吸収しやすくなっています。

だからこそ、摂取するものはいつも以上に気をつけて頂きたい。
普段の自分の身体とは全く違う状態が体の中にはおきています。

ファスティング中は、基本的に指定するサプリメントなどをとっていただきます。
でも、飲み物なら、いいでしょうと聞かれることがあるので、摂取してはいけない飲み物について書きますね。

〜ファスティング中に摂取してはいけないもの〜
・カフェイン(コーヒー、紅茶、緑茶など)
いろんなものにカフェインは含まれています。
カフェインレスなどもありますが、レスは量が少ないだけで、含まれています。注意しましょう
・アルコール
お酒がとてもまわりやすくなります。ファスティング中だけでなく、前後も控えめにすることがおすすめです。
・ジュース
ジュースはNG!もちろん、香料などの入ったミネラルウォーターや炭酸水などもNGです。
・乳製品
牛乳、飲むヨーグルトなどは、脂肪や糖質が多いことと、消化に負担がかかるため、NGです。

※打ち合わせなどでどうしてもカフェに行かなければならないときは、ハーブティーやミネラルウォーターにしましょう。

・期間中、色んなものが吸収しやすくなっているので、経皮吸収も避けたいところです。
できればシャンプー、リンス、ボディソープ、歯磨き粉はオーガニックのものを。
特に、市販の歯磨き粉は、この時期だけは使わないことをおすすめします。

それが無い場合は、少し量を減らすか、お湯などで洗い流すだけでも十分汚れはとりますので
あまり気にならない方にはその方がおすすめですよ。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
次号のご案内♪
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
案ずるより産むが易し。
やり始めてしまうと、思ったより楽だなと感じていただける方も多いようですよ。
そして、効果を最大限にするためには、ファスティング後もぜひ大切に過ごしていただきたいのです。
次号のテーマは「ファスティング後の注意」です。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
ファスティングカウンセリング
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

具体的なやり方が知りたい方、一人だと不安な方は、ファスティングカウンセリングをお申し込みください。

お申し込み、お問い合わせはこちら

Photo by mahmoud99725