糖質制限すれば全部解決と思ってた?

近年、糖質制限ダイエットが大きなブームとなっています。
雑誌、専門書、テレビ、ブログなどなど、ダイエット特集には必ずと言っていいほど記事が出てきますすね。

そこには「糖質制限だけで10キロ痩せました!」など、目を引く見出しがたくさん。
しかし最近、糖質制限で健康を害した、ダイエットが上手くいかなかったという声も多く上がってきているのです。

糖質制限すれば全部解決と思ってた?

糖質制限ダイエットとは

ご飯や小麦、芋類などの糖質を制限(もしくはカット)するダイエット方法のことです。

糖質は私たちが体を動かしていくためのエネルギーになるものですが、エネルギーとして使い切れなかったものは脂肪として体に蓄積されます。そのため糖質の摂取自体を抑えることで太りにくい体を作ることを狙っています。

糖質制限をしたことで肥満体型の方が正常体型に戻った、簡単に10キロ痩せた、など驚きの報告が相次いでいます。

糖質制限のデメリット

では、糖質制限は完璧で万能なダイエット方法なのでしょうか?実はそうとも言い切れません。

①低血糖状態で体や頭が働かない

糖質が制限されればエネルギーも減ってしまいますから、体がだるくなる・疲れやすくなるといった影響出る可能性があります。

また、体だけでなく脳にとっても糖質は重要なエネルギー源。極端に摂取量を減らしてしまうことで、集中力が減ったり、ぼんやりしたり、イライラしたりしやすくなります。
私も3日間ハードな糖質を制限したとき、低血糖状態から強い疲労感に襲われ、仕事にも全く集中できなくなりました。

きちんとバランスの良い食事を心がけることで調子は戻り、それ以降極端な糖質制限は行なっておりません。

中には、ストイックな糖質制限で意識消失してしまった方もいるそうです。

②筋力低下で太りやすい体に

糖質制限のみに依存し、運動を行わなかったりタンパク質を取らかったりすれば、筋肉はどんどん減っていきます。

結果、太りやすい体の出来上がりです。しかも、先に挙げたエネルギー不足のせいで、なかなか運動する気にならないのです。

糖質制限を行う場合はそれのみに頼るのではなく、他の栄養素をきちんと取ること・筋力が落ちないように配慮することが求められます。

③リバウンドしやすい

一生その食生活で行くのならば問題ありませんが、食事を戻した途端に元に戻ってしまいます。

その時に筋肉が落ちていれば、ダイエット前よりもかえって脂肪がつきやすくなっているかもしれません。あなたはどこまでの覚悟がありますか?

糖質制限への依存はしない!

普段から糖質過多な食事をしている場合、糖質を減らすよう心がけることで体重減は望めると思われます。

ですが、糖質制限にあまり依存しすぎてしまうと上記に挙げたような不調をもたらす原因になりかねません。

筋トレや運動を定期的に行って筋肉を落とさないようにすること・タンパク質をきちんと取ること・極端な糖質完全カットではなく、糖質を減らすことから調子を見て行くことがオススメです。

体の調子をよく観察し、依存するのではなく、うまく活用していきましょう。

photo by mahmoud99725

関連記事

  1. 生理のときにファスティングしていいの?

  2. 忙しい食生活でも、○○○に気をつけて代謝を上げる!

  3. 2.間違ったファスティング

  4. 4.ファスティング中の注意事項

  5. 機能性表示食品のナゾ

  6. 身体に優しいお酒の選び方!?

  7. ファスティングプチセミナーでした!

  8. 正しい化粧水の選び方・効果的な化粧水の使い方

  9. 小麦グルテンはなぜ悪いのか~小麦の歴史~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。