記事の詳細

こんにちは!KANAです。

7月、新月のワークショップに参加してきました!

今回参加させていただいたのは、アーユルヴェーダセラピストの小林みちさん。

SHIZUKUでも、以前コラボイベントをしていただいたことがあります。

今回は、潜在意識にアプローチするということで、色々な質問を通して、自分の願い事を書き出すという素敵な手順で、とっても自然に楽しくできましたよ〜!

今回は、素敵なスタンプのしおりを作るワークも一緒で、そちらもとても素敵にできました^^

というか、そもそも、新月のお願いごとって、みなさんご存知でしたか?

私の周りはスピリチュアルな人が多いのでなんとなく昔からやっていたのだけど、それって何?と聞かれることが多くなったのでちょっとまとめてみます。

願い事は新月にすると叶いやすい

大昔、人々は月の満ち欠けととても密接に暮らしていて、今でも女性周期や妊娠・出産などはその引力の影響もあり、月の影響を受けていると言われています。

その中でも新月は、始まりの日。何かを始めるのにうってつけというわけ。

新月から満月に向けて、月が満ちていくのにつれ、願い事が叶いやすくなっていくとのこと。

そして、その願い事の書き方には、コツがあります。

一人称で、もう叶っている状態(アファーメーション)で書く

私は、心から愛する人と出会って素敵な恋愛をしています。

私は、心が休まる新居をみつけました。

私は、仕事を楽しんでいます。

私は、希望の給料の仕事をみつけました。

私は、友だちととても良い関係にあります。

私は、家庭をもつことのブロックを手放しました。

私は、恋人をもつことのブロックを手放しました。

などなど・・・

そして、毎月の新月が何座の新月かによって、毎月テーマがあるので、それに合わせてお願いごとをするとより叶いやすいとのこと。

もちろん、一人で書いてもいいのだけど、潜在意識にアプローチするにはみんなでやるほうがよいそうなので、ぜひぜひみなさんイベントにご一緒しましょう☆

SHIZUKUでもまた企画したいなあ♡

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る